Gloriaのメカ日和

アクセスカウンタ

zoom RSS “騎士の馬”KMF開発史 Part.4

<<   作成日時 : 2008/03/31 03:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Part.3の続き
Part.4はついに完成するKMFについて


第四世代KMFの開発は、第三世代KMFの開発時期と重なって行われていた。
前回で記したように第三世代KMFの特徴は、KMFという新たな兵器の存在意義を明確にした点にあった。
それを受けてこの時期に一気に実用化が図られたのである。


ガニメデによる実験データに加え、実用化に伴うさまざまなトライアル&エラーの結果を反映させながら完成したのが RPI−11 「グラスゴー」 である。
グラスゴーは日本占領作戦において圧倒的な強さを見せ、「KMFの時代」 が到来したことを全世界に印象づけた。
グラスゴーはその後も、ブリタニア帝国の主力として各地の紛争で活躍し、幾度となく改修とバージョンアップを重ねていく事となる。
この後、開発されたKMFはすべてこのグラスゴーから発展・分岐したものである。
警察用KMF 「ナイトポリス」 や水中用KMF 「ポートマン」 、さらに日本側がコピーし改造した 「ブライ」 「ブライ改」 「雷光」 はすべて、この第四世代に属する。


KMFがどうしてこれほどまでに強いのか。それはあらゆる地形を踏破できる二脚を持つ、という部分が大きい。
この二脚のおかげで、海岸から上陸し都市部を制圧するという一連の軍事行動を非常に迅速に行う事が可能になったのだ。
それは複雑な地形を持つ日本占領でKMFが圧倒的優位を示した事からも良くわかる。




つまりKMFの強みはあらゆるばしょで運用できる能力と、迅速な行動を行えるランドスピナーにあるということになる。
なんだか最初の頃の足付き脱出ポッドとはかけ離れてきたなぁ・・・
KMFから脱出できてるパイロットは、アニメでも最初の方しか居なかったし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“騎士の馬”KMF開発史 Part.4 Gloriaのメカ日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる